アロマ日記 | スピリチュアル鑑定・浄化・霊視・アロマボディーヒーリング「Soul Navigation」はスピリチュアルセラピスト岩田佳子の福岡・天神サロンです。

Soul Navigation

ブログ

2014年08月13日 [Default]

痛みに効くエッセンシャルオイル(精油)

痛みに効くオイル

ヤング・リヴィング製品を使っての痛みの対処法

第1のケア:
ペパーミント、パナウェイ、ウィンターグリーン、パイン、ヘリクリサム、
ロールオンペパーミントブレンド、リリーブイット、アイダホバルサムファー

第二のケア:
ロールオンバニラ・ライムブレンド、ラベンダー、ピース&カーミング、イランイラン

Š
痛みに一番利用しやすいシングルオイル

ペパーミント:麻酔・鎮静作用/抗炎症作用

ペパーミント


ペパーミントは私も常に持ち歩いている愛用のオイルです。

普段の筋肉痛予防、頭痛、肩こりなどの痛み
すっきりしたとき、眠気を覚ましたい時に常用しています。


痛みに対して効果の高いオイルで、カルシウムチャネルとP物質をブロックすると
いう研究結果が出ています。

神経細胞は、P物質のような神経伝達物質と通じ合っています。

P物質は脳内と脊髄で見られるタンパク質の1種であり、間接では
炎症プロセスに関係します。

P物質のこれらの機能が痛みを引き起こす原因となります。


パナウェイ: 別名 いたいのいたいのとんでいけ
辛い痛みを癒してくれる香りのブレンドオイルです。

痛みとりのための代表的なブレンドオイルです。
怪我をしたときにすぐ1〜2滴使うと痛みが消えます。

私も交通事故の骨折の際に毎日使用しました。

ブレンドされているオイルは下記の4種です。

panaway

ヘリクリサム:麻酔・鎮静作用

ウィンターグリーン:麻酔・鎮静作用/抗炎症作用

クローブ:麻酔・鎮静作用

ペパーミント:麻酔・鎮静作用/抗炎症作用


お問合せフォーム

PageTop